FC2ブログ

昼間降り続いていた雨がやんで、空中の塵と共にひんやりと静かに沈み行く夜。
春と夏の間のぼんやりとした今日だけれども、窓の外から聞こえる小さな虫の声に金木犀の香りが漂っている気がして、そんなはずはないのだけれど、何度も歩いたあの道と君の気配が急に思い出されて、嗚咽となって溢れてきてはわたしを連れ戻そうとするのでした。

2015.07.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

«  | ホーム |  »

プロフィール

kito yukari*

Author:kito yukari*
NATURA CLASSICAで撮る、日々。

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード