FC2ブログ

そんなとき

1日1日をその始めと終わりすら分からないまま送りだしていると、纏う空気が薄くなって朦朧。そのうちに目に映る景色が歪んできて、毎日足を掬われて小さく落下する夢を見て、めまいの中で生きる自分をどうしていいか分からなくなる。剥離したいつかの日々は埃と一緒に降り積もっていて、全部終わったら自分もそこに還れるって、そんな気持ちでしょうか。

2013.04.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 写真じゃないこと

«  | ホーム |  »

プロフィール

kito yukari*

Author:kito yukari*
NATURA CLASSICAで撮る、日々。

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード